小説

江國香織「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」の感想

最近、江國香織さんにハマっています。 物語のストーリーは大胆なところが多いけど、女性の仕草の描写や言葉遣い、考え方がとっても素敵。 今回の物語は、職業や性格の違う女性たちがたくさん出てきますが、一人一人違って興味深...
小説

宇佐見りん「推し、燃ゆ」の感想

芥川賞受賞作。まず、タイトルが上手い。 ただ、内容は想像とは少し違いました。 誰かを推すということもよく分かるけど、それ以上に発達障害のこともよく描かれている1冊だと思いました。 あらすじ 推しが炎...
小説

よしもとばなな「スウィート・ヒアアフター」の感想

初めてのよしもとばななさん。 とにかく泣ける一冊でした。色んな人の愛や思いやりが詰まった物語。 東京と京都を舞台に描かれていて、京都に住んでいるからこそ情景を想像しやすかったです。 あらすじ 大きな...
エッセイ

[エッセイ]江國香織「いくつもの週末」の感想

またまた江國香織さんのエッセイを読みました。 江國さんの結婚生活で感じたことを赤裸々に綴っているけれど、生々しくて嫌な感じが全くないところが、やっぱりすごいです。 概要 「いつも週末だったら、私たちはまち...

益田ミリ「上京十年」の感想

益田エリさんのエッセイ「上京十年」を読みました。 最近、エッセイにハマっている( ^ω^)・・・ 人によって文体も異なって面白いです。 益田エリさんの本は初めて読みましたが、等身大の言葉で綴られていて、友達と...

朝井リョウ おすすめランキングTOP7

私が好きな作家さんの一人でもある朝井リョウさん。 鋭い観察眼と繊細な感情の言語化の能力が魅力的な作家さんです。 今回は、私の独断と偏見で朝井リョウさんの好きな小説TOP7をまとめてみました。 7位 ままならないから私...

[エッセイ]江國香織「やわらかなレタス」の感想

江國香織さんのエッセイ「やわらかなレタス」を読みました。 江國さんの小説は「東京タワー」を何年か前に読んだことがあって、物語に登場する人物がすごく魅力的で、特に“いい女”に魅せる描写が上手だなと思った記憶があります。 ...

凪良ゆう「滅びの前のシャングリラ」の感想

凪良ゆうさんの「滅びの前のシャングリラ」を読みました。 凪良ゆうさんと言えば、「流浪の月」が2020年本屋大賞を獲得し、話題となった作家さん。「滅びの前のシャングリラ」は本屋大賞受賞後、初めての作品ということで気になって...

【エッセイ】吉田朱里「アイドル10年やってわかった”わたしが主人公”として生き抜く方法」の感想

2020年12月21日をもってNMB48を卒業した吉田朱里さん。その卒業を記念して発売されたエッセイを読みました。 アイドルだけでなく、YouTuberや雑誌モデル、コスメブランドのプロデューサーなど、いくつもの肩書をも...

瀬尾まいこ「夜明けのすべて」の感想

瀬尾まいこさんの「夜明けのすべて」を読みました。 PMS(月経前症候群)に悩む女性が登場する小説、という前情報を知って購入。私も毎月PMSで苦しんでいるので、共感できるところがたくさんありました。パニック障害のことも少し...
タイトルとURLをコピーしました